大切にするということは

簡単な言葉で片付けないように。

冷たいお湯のこと。

こういうところに自分の身バレを心配せずに書ける人って普段から言いたいことが言えて嘘のない人なのかな。本当に思っていることを書いて身バレしたらって思ってる私は嘘でできてるのかな。
本当に思っていることを、嘘っぽい、本当のこと言いなよ、絶対そう思ってない、とかって冗談で笑いながら言われたときなんで返すのが正解ですか?普段からいじられキャラで、怒ったりも悪口も言わない私が、本当にそう思ってるよ、って言っても信じてもらえないときどうしたらいいですか?そしたらなんかだんだん、私たちのこと影でなんか言ってるんでしょ、嫌いなんでしょ、ってところまでいっちゃったらどうやって止められますか?もう私たちに会いたくないよね、無理しなくていいよ、って。連絡しないから安心して、って。たくさんの冗談を言われてたら受け止められなくなってきて、あっちが本当は私のことが嫌いで会いたくないって思ってるんじゃないかって。泣かない泣かない、ここで泣いちゃダメだ、冗談が通じない人間になるぞって思ってたのに。こんなんでお別れしたくないけど、大丈夫?辛かった?ごめんね、って冗談だよの一言はないし、次会ったときに、泣かせちゃったからもういじれない、もうつまんない、って思われるんだろうなって考えると辛いので逃げます。ごめんなさい。いつも温かいお湯につかってるから何なめてんだよって言われるかもしれないけど、私はわざわざ冷たいお湯にいたくないです。

無理したくないこと。

上手くいくだろうなぁって思うカップルって顔が似てるって思ってて。初めて彼の彼女とのツーショット見たときは思わなかったのに、昨日見たツーショットはそっくりで、彼女何歳?大人っぽいねって初めて見たときと同じこと言っちゃって、同い年って分かってるし、綺麗とか可愛いとか素直に出てこなくて、最低な自分。彼にもそれこないだも同じこと言ってたよって言われちゃって、俺のことどうでもいいんだーとか言われちゃって、なわけないじゃんか。分かってるくせに。好きな人の彼女の顔とか一生覚えたくない。覚える気なんてありません。彼女の話でいじられてる隣でにこにこ笑ってるのも辛いんだからな。今自分笑えてるかなって必死なんだからな。あともう会うのも卒業式。それでいいんだ。卒業式何もありませんように。

箱根旅行のこと。③

旅館と。庭と。

f:id:iamnana38:20170222221513j:plain


とってもらったミニオン。欲しいって一言も言ってないのにとろうとしてくれて嬉しかったなぁ。。

f:id:iamnana38:20170222221608j:plain


庭の鯉と。

f:id:iamnana38:20170222221900j:plain


大涌谷から見えた富士山。

f:id:iamnana38:20170222222004j:plain


箱根海賊船から。

f:id:iamnana38:20170222222053j:plain


リベンジ小田原城

f:id:iamnana38:20170222222144j:plain


さよなら、箱根旅行。

f:id:iamnana38:20170222222253j:plain

箱根旅行のこと。②

箱根2日目。予定通り、6時半に起きました。起きて速攻朝風呂に行きました。朝の露天風呂も気持ち良かったです。空を見ると雲ひとつない青空でした。朝食バイキングを食べて、また庭で遊んで、旅館とお別れしました。それから強羅に向かい、大涌谷に着きました。大涌谷では綺麗な雪化粧をした富士山が見えました。ロープウェイで降り、箱根海賊船に乗りました。また箱根湯本に戻って、お土産めぐりして、リベンジ小田原に向かいました。いざ小田原城でしたが、着いたのは17時で、閉館時間も17時でした。中には入れませんでしたが、みんなで仁王立ポーズして写真が撮れたので大満足です。帰る前に小田原城の奥の海にも行って、急行新宿行きで帰ってきました。家に着いたのはちょうど9時でした。

箱根に行くのは初めてではありませんでしたが、初めて行くところばかりで、泊まったのも初めてだったので、すごく楽しめました。  観光地化されている場所の強さを感じました。一つだけ言うなら、大涌谷からのロープウェイ、あそこでもBGMか、歴史のナレーションのようなものが欲しかったです。静かすぎて私たちはうるさかったかもしれないです。(笑)それと、ちょっと京都を思っていたところがあったので可愛い靴で行っちゃいましたが、箱根は山ですね、可愛い靴で行くのはやめましょう。(笑)本当に楽しかった〜、あとは本当に卒業するだけ、旅行も広島だけになっちゃった。卒業式に向けてダイエットしなきゃだし、課題も終わらせなきゃ〜!!とりあえずバイト6連勤がんばります!

箱根旅行のこと。

今日は箱根に来ています。色んなことがあって9時半出発予定が12時前になり、強風で電車はのんびり動くわ、小田原に着いたのに強風と雨で外には出られないわで、夢庵で遅めのお昼を食べました。何気、初夢庵でした。友達から泊まる宿を内緒にされていたので、着いて、立派な旅館すぎて感動しました。何も知らないまま素敵なところに行けるっていいなと思いました。お昼が遅かったので夜ごはんを一番遅い時間にしてもらって、それまで温泉に行きました。雨も風もあったので露天風呂は無理かなと思っていたのですが、寒いのと温かいのがちょうど良かったです。普通のサウナとサウナミスト、どちらも楽しみました、ほかほか。夜ごはんはバイキングで、お寿司と天ぷら、ステーキ、しゃぶしゃぶはその場で作ってもらえ、本当に豪華でした、とても美味しかったです、ごちそうさまでした。そのあと雨が上がっていたので、旅館の広大な庭をみんなで散歩して写真を撮りまくりました。お部屋に戻って小宴会をして、今はベッドにいます。女2人はベッドですが、男3人はお布団です。(笑)明日は6時半に起きて朝風呂する予定です。おやすみなさい。

今日のこと。

今日はお昼からずっとバイト。このバイトに関しては、行きたくないって思ったことがほとんどないくらい好きで、心から辞めたくないなと思う。気付けばあと10回は切ってるのかな、なんてこったぁ。いつも朝から昼にかけてのランチ要員で、ディナーメンバーに会わないからみんなにもっといっしょに働きたかったよ〜って言われてとても嬉しかった。ここにきて一番楽しい最近のバイト、、辞めたくないなぁ。今までずっといっしょに働いてきた子はもちろんだけど、最近入ってきた子ともっとずっとやってたかったなぁって思う。仕事を教えることもだけど、好きなこととか人とか気になってることとかおもしろかったこととかそういうの聞きたかった。せっかく出会えたのにこんな中途半端苦しい。はぁ、みんな大好き、苦しい。(笑)こういうこというと友達にまた騙されやすそうだよね、とか、人たらし、とか言われるんだろうな。(笑)けっ、そうですよ、人信じやすいし好きになりやすいし、人の懐に入るの好きですよっけっ!バイト辞めても定期的に会いたい人、バイトの人のくくりじゃなくて友達になりたい人が最近また1人増えて嬉しい。今日はその人に嬉しいことをいっぱい言ってもらえて時間があっという間だった。もっと早く仲良くなりたかったよ、くそう。明日から一泊二日で箱根です。その前に学校行かねば、卒業できん。おやすみなさい。

美容師さんのこと。

やっと、やっと見つけた。1年半かかった。

1年半前、担当してくれていた美容師さんは将来のことを考えて(他にも色々あっただろうけど私はそう聞いた)地元に帰ってしまった。年齢よりもすごく若く見えて、サーフィンが好きだというのが似合う綺麗な小麦色の肌で、もちろんお洒落で、いつも優しい美容師さん。その時好きだった男の子がいて、風邪ひいた時に会いたくなったのがその人だったんですっていう私の恥ずかしい話も笑わずに聞いてくれたなぁ。こういう髪型にしたいですって写真を見せるとその通りになって、アシスタントさんがたくさんいる美容院だったけどみんなその人を信頼していたと思う。私にもそれが分かった。私はその人が地元に帰ってしまってから今まで6つの美容院に行った。その美容師さんが紹介してくれた美容師さんのところ、大学の友達に紹介してもらった美容院、インスタグラムで気になった美容師さん、姉に紹介してもらった美容院、同期にサロンモデルとして紹介してもらった美容師さん。

そして6つ目はインスタグラムでフォローしていた美容師さんがいる美容院の、他の美容師さんのところ。なんで前からフォローしていた美容師さんをスルーしたのか覚えてないけど、その人の写真に映る女性を見て、好きだなぁと思ったんだと思う、多分。(曖昧)とりあえず早くカラーしたかったからこの人に頼んでみようっていう軽い気持ちでいった、なんか違ったらまた探せばいっかって。カラーのイメージ写真を用意して行ったけど私を見てすぐにこういう色にしたいんだよね?って、まさにドンピシャに当てられてびっくりした、えっ何を見て…今なんか言った?私…。カラーもトリートメントも終わって乾かしながら、ちょっとカット気になるから切ってもいい?って少し整えてもくれた。ラインとインスタ交換してくれて、今度は髪切らせてよって言ってくれたのも嬉しかったなぁ。1回目が終わって、こう言ったら失礼なのかもしれないけど、この人のナルシストっぽいところ、好きだなぁと思った。自分の容姿にではなくて、自分の腕に自信があるところが信用出来るって。芸能人が通う美容院にいたこともあるとか、ヘッドハンティングされたとかそういう話も1つだけど、無知な私にカラー剤の説明を怠らないむしろ詳しく説明してくれるとことか、絶対可愛くするからね、絶対似合うから、俺がそうするからみたいな言葉を真顔で言うから(ちょっとふふふって笑っちゃったけど)信用出来るなぁって思った。その時の髪色も抜けていくにつれて可愛くて、1ヶ月半ずっと気に入っていた。昨日はそこで2回目の美容院。3日前に急に頼んで、ほぼお任せでいったら、今日朝一で私に似合うカラー剤買ってきたんだよ〜!このカラー剤はねぇ〜…、って話してくれた。嘘かもしれないけどこういう言葉って嬉しいなぁ。相変わらずよく分かんないけど、うんうん聞いちゃった。カットも私が言う一言一言を受け止めてくれて、じゃあこうすればこうなるよとか、こういうのは好き?とか時間をかけてくれた。なのに前髪カット分の代金だけでいいよってなんだ!もうずっと優しすぎる!

この人はお客を喜ばせるプロだなと思う。きっと私だけじゃなくて、みんなにこうなんだろうなぁ、ただただすごい。やっとしっくりくる美容院に出会って、やっと運命の美容師さんに出会えた〜嬉しい〜。1年半で5回も美容院変えて、悩んでる時間も無駄じゃなかったよ、ちょっと前の私。今度の美容師さんは地元に帰らないことを祈るばかりです。