大切にするということは

簡単な言葉で片付けないように。

ドキドキしたこと。

今日の朝イチ。金曜日はプレミアムトークで、ゲストは桂文枝さん。いのっちが文枝さんのコケ方を学んだ後(これめっちゃおもしろかった、いのはらくんの手足の長さが際立ってた)、真田丸千利休の話に進む時に、いのっちが有働さんのイヤリングにつっこんだ。最初に見たときパイナップルの飴にしか見えなかったし、いのっちもパイナップルの飴って言ってたから自分の中で納得してしまって、有働さんが何のつもりでつけてたかすっかり忘れてしまってごめんなさいなんだけど、もうびっくりしたのよ。いのっち、何これ〜って言いながら触るの、有働さんの耳にぶら下がってるパイナップル飴(違う)を触るの。えーーーー!ってひゃーーーー!ってなったわ!もうドキドキしっぱなしだった。私が触られてるわけじゃないのに。ただのイヤリングなのに。パイナップル飴がぶらぶら揺れているだけなのに。なんだったんだあれ…って学校に向かう電車の中でも引きづった。この気持ち全然分からない人もいると思うからちゃんと伝えたいのに、自分でもよく分からないのがもどかしい!いのっちだったからとかではなくて、いやいのっちは7割くらい増しだけど、それでも誰にされてもドキドキしてしまうと思う。肩触られるより、ダメだ。なんですかこれ〜!誰か説明してください〜!