大切にするということは

簡単な言葉で片付けないように。

天使の私、悪魔の私、本当の私のこと。

親友の彼氏が、男性アイドルを好きなことに理解がなくて、話を聞こうともしなくて、冗談が通じなくて、自分の思い通りじゃないと気が済まない、っていう感じの人らしい。私は会ったこともないし、話をしたこともない。親友からそういう愚痴を聞いて、あり得ないとかそんなの私なら嫌だとかそういう気持ちにはなるけど、その彼氏自体のことを嫌いになったり悪く思ったりはしない。親友に私がそうだから私には愚痴話ができるしいいって言われて、それって普通じゃないよって言われた。普通ならマイナスイメージになるよって。マイナスイメージをもたないことがすごいよって言ってくれてるんだと思うけど、なんかもやもやする。天使の私は、会ったことも話したこともない人のこと、話だけで嫌いになったりなんかしない、なんだけど、悪魔の私は、結局他人事だしどうでもいい、って思ってんのかな。正直どっちもあるんだろうな。基本平和主義だし、巻き込まれるのは嫌だ。でも親友にでさえこんな感じでいいのかなって思う。親友ならもっと親友の味方になってあげるのかなって考えちゃう。嫌いにはならないけど、少しムッとするくらいあるのが普通なのかな。自分で思っている自分と、人から見た自分が違って、考えることが多くなってきた。なんだろうこれ。