大切にするということは

簡単な言葉で片付けないように。

明けましておめでとうございます。

地元に帰ると書きたいことが山ほど出てくる。2016年後半戦のことは置いといて、ここ4日間のことを書きます。覚えているうちに、書きたいうちにね。


1月1日。年越し。2017年はおばあちゃんと初詣をしながら迎えた。いつもは紅白を見てジャニーズカウントダウンで年越しをしていたけど、22年間初詣して迎えたことないなぁと思って。おじいちゃんが貯めてくれていた5円玉を御賽銭箱分もらって、すれ違うおばあちゃんの知り合いに新年の挨拶をしながらひとつひとつ丁寧に回って神様にご挨拶。最後に御神酒を頂いて焚き火にあたって、おばあちゃんと手を組んで歩いて帰った。家から徒歩5分の場所にある神社だけど、階段の上り下りも多くて疲れてたおばあちゃん。東京来たい来たい言ってくれてるから連れて行きたくてプランも考えていたけど、このプランは歩かせすぎだからなしだなぁと思った。横に並ぶと腰が曲がってきたことに気がついて胸がきゅうっとなった。2017年、いっしょにきれいな星空を見て年明けできたことがすごく嬉しかったなぁ。来年もこうやって年越ししたいなぁ。


1月1日。夜。17時に親戚が集まった。大晦日に丸一日かけておばあちゃんが作った御節(私も丸一日お手伝い)とその日繕ったお刺身とお寿司で乾杯。今年は一つ下の従姉妹の娘が増えて、また違った賑やかさがあった。見てるだけで可愛いってすごい楽しい。こうやってどんどん子供が増えていくんだなぁってこれからを楽しみに思った。何よりおばあちゃんおじいちゃんがめちゃくちゃ嬉しそうだからわたしも期待に応えたいんだけど今彼氏がいない…。私の2017年、さぁどうなる!


1月2日。夕方。おばあちゃんが『君の名は。』を観に行きたいと言っていたのを思い出して、いっしょに観に行った。映画館までの道でおばあちゃんが映画好きなことを初めて知った。めちゃめちゃ友達の多いおばあちゃんだけど、友達と待ち合わせして何かをするのがめんどくさいらしく、1人になれる映画が好きらしい。私は7年ぶりの地元の映画館。おばあちゃんがチケットカウンターまで案内してくれて、入ってからもお気に入りの席まで連れて行ってくれた。バックからは飴玉とチョコレートが出てきた。映画館慣れがすごくて笑った。本編が始まるまでの予告が私もおばあちゃんも大好きで、次は相棒が見たいね!とかこれおもしろそうだね!とか話しながら待った。私は実は『君の名は。』3回目だった。言ってなかったからおばあちゃんは私も観るのは初めてだと思っていたみたいで、否定しようとも思ったけどなんかやめた。そしたら後でばれたんだけど(お父さんのバカ)。おばあちゃんが『君の名は。』を観て思いだしたのは、おばあちゃんの青春時代に流行った同じ名前の映画らしい。調べたら、おばあちゃんの言う通りだった。1952年にラジオドラマで放送され、1953年に松竹で映画化した『君の名は』。東京大空襲の夜出会った真知子と春樹は、お互い生きていたら半年後、会えなかったらまた半年後、名前も知らないままこの数寄屋橋でまた会おうと約束する、という話だった。おばあちゃんの記憶力すごい。この映画で流行った「真知子巻き」のことも言っていた。おばあちゃんと映画観に行ってなかったら知らないことだらけだったなぁ。おばあちゃんと映画デート楽しかったな。


1月3日。夜。バイト終わりに会ってくれた高校の同級生。私が帰省したのを察知してくれていつも連絡をくれて嬉しい。割と慌ただしい年末年始だし、家族サービスしたいと思ってるから友達は二の次になってしまいがちだけど、今年から夏も冬も帰れるのか分かんないんだよなぁ。そういうことも考えてくれて連絡くれて、会えてよかったって今になって思う。マメだなぁ。マメっていいよね、全部プラスだね、人を幸せにするね。見習おうって思った。ありがとう。次帰ったら私から連絡します。


1月4日。昼。3年ぶりに会う、高校の同級生。多分高校生活で一番いっしょにいた女の子。久しぶりに会って少し緊張した。でも何も変わってなかった。空気は高校の時と違ったかもしれないし、ぎこちなくなることもあったけど、やっぱりいっしょにいて楽しかった。高校の時いっしょにカフェや雑貨屋さん巡りしたのもこの子で、今の私の趣味があるのもこの子がいたからだなぁと思う。もっと大学中に連絡とればよかったなぁ。ちょっと後悔。今日も色んなところに連れて行ってくれて話してくれるたびに、次はあそこ連れて行きたい、あっあそこもってどんどん出て言ってくれるのがすごく嬉しかったなぁ。楽しみにして頑張ろう〜。社会人の先輩だし、いっぱい相談しよう〜。


明日の夜の飛行機で東京に帰ります。明日はお母さんと弟と最後の1日を過ごします。寂しい。。