大切にするということは

簡単な言葉で片付けないように。

山形旅行のこと。

24日から26日まで山形の友達の実家に遊びに行っていて、SNSをほぼ追えていなかった3日間。V6とブログ漁りが好きなので、TwitterでV6ファンのみなさんとはてなブログをフォローしてるんだけど、TLではてなブログの「いま人気の記事です」だけを追うわけにもいかず、とりあえずV6ファンのみなさんのツイートを3日間分追って(ホンマでっかにトニセンが出てたから荒れてた)、今はてなブログのTLを見終えた。SNSはもう習慣だから全部見なきゃっていう謎の焦りを感じちゃう。SNSばっかりは良くないって分かっているけれど、、、。そんな(そんな?)山形旅行のことを書いていこうと思います。


1月24日。この日大学最後のテスト(になりますように)を受けて、お昼に東京出発。このテストを受けるために東京に来た友達はとんぼ返り。(ごめんね、ありがとう)友達と会うのは半年ぶりで、約5時間バスの中で止まらない話、話、話。嫌われやすい友達と世渡り上手な友達の話から、愛しすぎて彼女のことが見えていない元彼と、遠距離でだめになっちゃった元々彼の話、、どれもこれも2人で解決するには難しくて永遠に話せるよなぁ、本当に色んな人がいるねぇ。6時くらいに仙台に着いて夜ご飯に牛タンを食べて、電車で山形に移動した。山形に向かう窓の外がだんだん雪景色に変わっていって、着いた駅は一面真っ白。私の地元も雪は降るから珍しくはないけど、やっぱり雪はテンションがあがるなぁ。友達のお父さんが迎えに来てくれて、実家にお邪魔して挨拶をして、お風呂に入って就寝。友達の実家はお洒落なログハウス風のお家で可愛かった、3日間ロフトで寝かしてもらった!初ロフト!


1月25日。朝起きて出てくる朝ごはんに感動しちゃうのは一人暮らしあるあるだと思う。嬉しいよなぁ。ご飯を食べて準備をして出発。山形は雪は降るにしてもここまで積もるのも珍しいらしく、運転を心配したお父さんは有給をとってくれたみたいで、旅行中ずっと運転してくれた。笑うとすんごく可愛いお父さん、ありがとうございました。お昼は県外からもお客さんがくるようなお蕎麦屋さんに連れてってもらった。ちょっと太めでしっかりコシがあって美味しいお蕎麦。お蕎麦だけじゃなくて3種類大量についてくるお漬物も美味しかったなぁ。それから車で山に向かって行ったけどだんだん雲行きも怪しくなって、銀山温泉に着いた頃には吹雪だったので断念。気を取り直してお豆腐屋さんがやっているお団子屋さんに。たれを付けるとかあんこをのっけるとかそういうレベルじゃない、どっさり、もったり。(笑)あんこ、ずんだ、くるみ、ごま、みたらし、全部食べさせてもらって、本当に全部美味しかった!甘さに負けずに豆の味がしっかりしてた!山形行ったらまた行きたいお店。お家に帰ってお母さんと友達と3人でのんびりしながら色んな話をした。友達とお母さんの関係が不思議で、割とずっとそばにお母さんがいて、お母さんと仲良くなるのも難しくなかった。私のお母さんは若い2人でどうぞタイプだから、不思議だったなぁ。でもお母さん、東京の私のお家に来たがってるくらい心開いてくれたみたいで、すごく嬉しいです。お母さん、ぜひ来てください、それから毎日美味しいごはんありがとうございました!夜は体調が悪かった友達を置いて(ひどい)、お母さんとお父さんと私3人で近所の温泉に。山形はどこの市にも温泉があるんだって、すごい!温泉には温泉卵を作るところがあって、ぷかぷか浮かばせて私たちはお風呂に。お母さんと話が盛り上がってのんびり温泉に入れた。雪の中での露天風呂が最高でずっといれたなぁ。友達は、お母さんと2人きりにしたら私が何でもしゃべると思っていたらしく2人にしたらまずい、って思ってたみたいだけど、案の定喋ったよね、たくさん話しました。(笑)温泉卵もちゃんと作れてた!(次の日の朝食べました)


1月26日。見てみたいと思っていた樹氷を見に蔵王に。天気は快晴。昨日の銀山温泉よりもっと山奥だったけど、登っていけば登っていくほど雪に包まれてる森が綺麗で、太陽もそれを照らしていて、気づけばずっとムービーを撮ってた。お母さんが貸してくれたサングラスと、友達が貸してくれたニット帽と手袋とスニーカーでいざ蔵王!ロープウェイとリフトで頂上にあるゲレンデまで行くんだけど、嘘みたいに一面真っ白で、さっきまで車で登って行って綺麗って言ってたのの何倍も何十倍も凄くて、あんな景色今まで見たことなかった。もうぜひぜひ、行って欲しい!ムービーとか写真ってどうやってのせるの?のせれるの?分かんないから伝わらないと思うけど、地上に近い木はモミの木みたいな形をしてて、背が高くて雪がぽんっと可愛く飾り付けされているような感じなんだけど、あるところから急に木の枝の細かいところにも綺麗に雪がついてサンゴ礁みたいになる、それから最後の樹氷は、遠くから見ると塊がボコボコしていて外国のお墓みたいだなって思ってて、でも近づいてみるとほぼ雪に覆われていて木の雰囲気はほとんどない、こんなの見たことなくて神秘的だった。いま振り返ってカメラロールを見ても思う、なんか世界が違う、そりゃ頂上はマイナス10℃だったけどね、、樹氷ってすごいよ、自然ってすごい。またいつか見たい本当に!頂上では胸まで雪に浸かってしまっていたお地蔵さんに挨拶をして、鐘を鳴らして、下界(友達のお母さんが下界って言い始めてツボった)に降りた。友達も初めて見たらしく、いっしょに感動できて良かったなぁって思った。神様天気にしてくださり、ありがとうございました。そのあとはお土産ショップに行ったり、美味しいたいやきを買ったり、名物おばちゃんおじさんがいるラーメン屋さんで初めての中華そばを食べたり。あ、そういえばこの日が卒業論文提出で、山形に行く前に終わらせておいたのを友達に誤字脱字ないかチェックしてもらって提出した。本当は17:00までだったみたいだけど知らないふりをして17:40くらいに送った。(笑)完全に舐めてる、ごめんなさい先生、なにも言わず受け取ってくれてありがとうございました!そして4年間ありがとうございました!夜ご飯はまたもや山形名物をたくさんいただき満腹でお別れ。あっという間の3日間で毎日濃い3日間だった。実家に帰ったみたいで楽しかったし嬉しかったなぁ。愛されてるなぁって感じた。受け入れてくれた家族の皆さんに感謝しかないです。ありがとうございました。またぜひお邪魔させてください。


p.s.帰ったら荷物の中にリフトで撮った写真と、友達からのラブレターみたいな手紙が入っていて胸がいっぱいになりました。寂しさもあるけど、東京でがんばるぞ!