読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切にするということは

簡単な言葉で片付けないように。

美容師さんのこと。

やっと、やっと見つけた。1年半かかった。

1年半前、担当してくれていた美容師さんは将来のことを考えて(他にも色々あっただろうけど私はそう聞いた)地元に帰ってしまった。年齢よりもすごく若く見えて、サーフィンが好きだというのが似合う綺麗な小麦色の肌で、もちろんお洒落で、いつも優しい美容師さん。その時好きだった男の子がいて、風邪ひいた時に会いたくなったのがその人だったんですっていう私の恥ずかしい話も笑わずに聞いてくれたなぁ。こういう髪型にしたいですって写真を見せるとその通りになって、アシスタントさんがたくさんいる美容院だったけどみんなその人を信頼していたと思う。私にもそれが分かった。私はその人が地元に帰ってしまってから今まで6つの美容院に行った。その美容師さんが紹介してくれた美容師さんのところ、大学の友達に紹介してもらった美容院、インスタグラムで気になった美容師さん、姉に紹介してもらった美容院、同期にサロンモデルとして紹介してもらった美容師さん。

そして6つ目はインスタグラムでフォローしていた美容師さんがいる美容院の、他の美容師さんのところ。なんで前からフォローしていた美容師さんをスルーしたのか覚えてないけど、その人の写真に映る女性を見て、好きだなぁと思ったんだと思う、多分。(曖昧)とりあえず早くカラーしたかったからこの人に頼んでみようっていう軽い気持ちでいった、なんか違ったらまた探せばいっかって。カラーのイメージ写真を用意して行ったけど私を見てすぐにこういう色にしたいんだよね?って、まさにドンピシャに当てられてびっくりした、えっ何を見て…今なんか言った?私…。カラーもトリートメントも終わって乾かしながら、ちょっとカット気になるから切ってもいい?って少し整えてもくれた。ラインとインスタ交換してくれて、今度は髪切らせてよって言ってくれたのも嬉しかったなぁ。1回目が終わって、こう言ったら失礼なのかもしれないけど、この人のナルシストっぽいところ、好きだなぁと思った。自分の容姿にではなくて、自分の腕に自信があるところが信用出来るって。芸能人が通う美容院にいたこともあるとか、ヘッドハンティングされたとかそういう話も1つだけど、無知な私にカラー剤の説明を怠らないむしろ詳しく説明してくれるとことか、絶対可愛くするからね、絶対似合うから、俺がそうするからみたいな言葉を真顔で言うから(ちょっとふふふって笑っちゃったけど)信用出来るなぁって思った。その時の髪色も抜けていくにつれて可愛くて、1ヶ月半ずっと気に入っていた。昨日はそこで2回目の美容院。3日前に急に頼んで、ほぼお任せでいったら、今日朝一で私に似合うカラー剤買ってきたんだよ〜!このカラー剤はねぇ〜…、って話してくれた。嘘かもしれないけどこういう言葉って嬉しいなぁ。相変わらずよく分かんないけど、うんうん聞いちゃった。カットも私が言う一言一言を受け止めてくれて、じゃあこうすればこうなるよとか、こういうのは好き?とか時間をかけてくれた。なのに前髪カット分の代金だけでいいよってなんだ!もうずっと優しすぎる!

この人はお客を喜ばせるプロだなと思う。きっと私だけじゃなくて、みんなにこうなんだろうなぁ、ただただすごい。やっとしっくりくる美容院に出会って、やっと運命の美容師さんに出会えた〜嬉しい〜。1年半で5回も美容院変えて、悩んでる時間も無駄じゃなかったよ、ちょっと前の私。今度の美容師さんは地元に帰らないことを祈るばかりです。