読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切にするということは

簡単な言葉で片付けないように。

父のこと。

昨日の夜は出張で飛び回っている父が東京に来たので、夜ご飯を父と姉と私の3人で食べた。お店では姉と私で食べたいものを頼んで、父が決めるのは自分の飲み物くらい。会っても話すことなんて最近の家族や親戚の様子くらいで、自分のことはあんまり話さない父。昨日久しぶりに会って、生まれて初めてお父さんってどんな人なんだろう〜って考えちゃった。なんでか分からないけど、ふと思った。友達と父親の話なんてすることほぼないから分からないけど、私の父はすごく優しい人だと思う。これが優しいの例になるか分からないけど、私が生きてきた21年間で怒られたことがほとんどない。私が中学生のとき一時期学校に行かなかったときも、海に連れていってくれて話をしてくれた。何を話したかは全然覚えていないけど、一緒に砂浜に座ったことは覚えてる。それから父の遺伝で姉と私にあらわれるアレルギーのことをごめんごめんって21年間ずっと謝ってくる。アレルギーを恨んだことはあるけど父を恨んだことなんて一度もないから、それを聞いて姉とまた言ってる〜ってケラケラ笑う。

あんまり優しいエピソードが出てこないけど(笑)、そんな父の優しさが今の私の優しさの基準になってるなぁって思った。それと、お酒を飲むと人との距離感が近くなるのも父譲りだったなぁと思った昨日。(笑)